【完全無料】EAを利用するまでの流れご紹介します。

こんにちは、ぴろです。

当記事では僕がご案内している無料EAを利用するまでの流れをご説明します。


※月間収支報告はこちらでまとめてます↓

それではやっていきましょう!


※投資は自己責任です。
皆さんが長期的な利益を得られるようなEAを配布しておりますが、投資である以上損失を出す可能性も十分ございます。
ご案内しているEAによって生じた損失の補償や補填は一切出来かねますので、予めご了承の上、ご利用下さい。

目次

EA利用までの流れ

まずは口座開設から!

Prevo2をXMで利用したい場合は以下の口座開設リンクにアクセスして頂き、新規口座or追加口座の作成をお願いします。

https://clicks.affstrack.com/c?c=555432&l=ja&p=1


口座情報は以下に指定して下さい。

  • ・取引プラットフォーム:MT4
  • ・口座タイプ:スタンダード
  • ・レバレッジ:888倍
  • ・ボーナスの受け取り:希望する
  • ・口座の基本通貨:JPY


口座開設の際、ブラウザのキャッシュとcookieを削除して頂かないと反映されない可能性があります。
お手数ですがそちらも合わせてご確認頂き、口座開設の手続きを進めて下さい。
また、スマホアプリ版のLINEをご利用の場合、口座開設リンクをブラウザ(safari、chrome等)で開いて頂き、手続きを進めて下さい。


以上の内容で口座開設が出来ましたら、僕のLINEアカウントにXMID(口座番号)をご連絡下さい。

「Prevo2の配布希望です。XMIDは〇〇です。」

くらいの簡単なメッセージで大丈夫です(^^)


ぴろ公式LINEはこちら↓

友だち追加

XM以外のFX業者をご希望の方へ

現在、XM以外にも以下の業者でお使い頂けます!

  • GemForex
  • FXbeyond(Prevo2利用者限定入金100%ボーナスあり)
  • BigBoss


XM以外の業者はその都度、口座開設リンクをご案内します。
お手数ですがご希望の方はLINEまでご連絡お願いします。


それぞれキャンぺーンで100%入金ボーナスがございます。
少しでも証拠金を増やしてトレードしたい場合はぜひ利用をご検討下さい。

EAの配布方法について

XMIDを教えて頂きましたら僕の方で問題なく口座開設できているかを確認します。

その後、専用の配布申請フォームをお伝えしますので、そちらにXMIDとメールアドレスを入力して頂きます。

専用フォーム入力確認後、48時間以内に指定のメールアドレス宛にPrevo2(ex4)とライセンスキーを合わせてご連絡します。
※MT4に導入時赤枠内にライセンスキーを入力。認証失敗時のみポップアップでエラーメッセージが出ます。


EAのパラメーター設定に関しては当記事最下部でご説明しています。
必ず一度目を通して設定を行うようお願いします。

現金5,000円キャンペーンも実施中!

現在先着順でEAを利用して頂いた方に現金5,000円をプレゼントするキャンペーンを行っております。

※キャンペーン適用条件アリ

キャンペーンへの参加をご希望される場合はXMIDをご連絡頂くタイミングで「キャンペーン参加希望」と必ずご連絡下さい。
※ご連絡頂いたタイミングで募集を締め切っている場合がございます。予めご了承下さい。

自宅PCかVPS、どちらの利用に迷っている人へ

実際にEAを利用する際、自宅PCかVPSのいずれかでMT4を稼働させ、EAを運用していく形になります。

安定した回線とPC環境があるなら自宅PCで稼働させて問題ありません。
ですが、以下に当てはまる場合はVPS利用を強く推奨します。

  • ネット回線に不安がある
  • つけっぱなしに出来るPCがない
  • 電気代が気になる


VPSに関しては僕も利用しているお名前ドットコムのVPSはコスパも安定性も優れているのでオススメです。

スペックにこだわりがなく、MT4を1~2台稼働させる程度でしたら1.5GBのプランで問題ありません。

※バナークリックでページに飛べます。

【必読】Prevo2のパラメーター設定に関して

ご案内しているPrevo2はパラメーター設定を細かく変更できる強みを持っています。


各々の資金量や求めるリターン、許容できるリスクの大きさで数値を柔軟に変える必要はありますが、とりあえず推奨設定で稼働させたい人も多いはず。


そういった人の参考になればと思い、僕の設定をお伝えします。


この設定が最適解かどうかは未来の相場が判断するものなので、「一緒の設定にすれば絶対稼げる!!」とは言いません。(言えません)
ですが、実際に僕が使っている設定である事には間違いないので、参考にして頂き、良きEAライフを送って頂ければと思います。

パラメーターの説明

パラメーターの解説


【Nanpin Setting】

・Max Positions:最大ポジション数を指定するパラメーター。
ナンピンをさせたい際、2と入力すると1回ナンピン、3と入力すると2回ナンピンとなります。

・Nanpin Pips[pips]:ナンピン幅を指定するパラメーター。

・Nanpin Lot Multiple:ナンピン倍率を指定するパラメーター。

【Close Setting】

・Take Profit[pips]:損益分岐点から利益方向にどれだけ進めば利確するのか指定するパラメーター。

・Positions for Early Exit & Early ExitPositions for Early Exit に入力した数字以上のポジションを持った際、Early Exit に入力した数字(pips)で利確します。※詳細は後述

・Quick Exit for nanpin[pips]:最終ナンピンから利益方向にどれだけ進めば利確するのか指定するパラメーター。
ナンピン数が多くなると全決済時の収支はマイナスになる可能性が高くなります。
また、当パラメーターとTake Profitどちらにも数値を入れた場合、先に条件に到達した方が適用される仕様になっています。

Break Even Exit for last position[pips]:保有した最終ポジションからどれだけ逆行すれば建値決済するのか指定するパラメーター。

・Stop Loss[pips]:入力した数字に達したら損切を行うパラメーター。

・Stop Loss Amount[yen]:指定の金額まで損失が膨らんだ際、全決済(損切)するパラメーター。
-(マイナス)を入力しないと適当されないのでご注意下さい。
例)20,000円の損失で損切したい→「-20000」と入力

Positions for Early Exit & Early Exit に関して具体例を出してご説明します。

以下の設定をご覧ください。

上記設定の場合、最大10ポジション(うちナンピン9回)保有しますが、5ポジ目以降は損益分岐点から5pips利益方向に進めば決済されます。

もし仮に4ポジ目を打った直後に利益方向へ相場が進めば、損益分岐点から15pips利益方向に進まないと決済されません。



ポジションが多い状態を極力避けたい人は、予めEarly Exit に小さい数字(1~5)を入力する事を推奨します。

ただし、この場合は総利益金額が小さくなる恐れがあります。

ある程度相場をチェックできる人であれば稼働直後は空欄にし、ナンピン数が多くなってから数字を入力する事でより有効活用できると思います。

ドル円(資金20万円・損切あり)

・ドル円(USD/JPY)5分足チャートで稼働

※バックテスト↓

【この設定の簡易説明書はこちらをクリック!】

ドル円(資金50万円・損切あり)

・ドル円(USD/JPY)5分足チャートで稼働

※バックテスト↓

【この設定の簡易説明書はこちらをクリック!】

ユーロドル(資金50万円・損切なし)

・ユーロドル(EUR/USD)5分足チャートで稼働

※バックテスト↓

この設定の簡易説明書はこちらをクリック!

両建て設定関して

先ほどご紹介した3つの設定はそれぞれonly long、only shortの両建て設定を採用しています。

※両建て設定のやり方はこちらからご確認下さい↓

Prevo2はポジション逆行時、ナンピン・マーチンで耐えつつ、利確のチャンスを伺います。
その時に捕まっていないポジションでツコツ利益を取っていきたいので、両建て設定を取り入れています。

まだフォワードでのデータが不十分なので絶対とは言い切れませんが、この両建て設定を行う事でバックテスト以上の利益が見込めます。


ちなみに推奨証拠金に関してはバックテスト、フォワードテストの結果を鑑みて設定していますが、”この金額を入れておけば絶対大丈夫”というものではありません。


必要に応じて各自、資金の増減を行うようお願い致します。
(ご連絡頂ければ資金量に関する相談も乗ります。)

その他、分からない点や質問がございましたら公式LINEまでお気軽にご連絡下さい。

ぴろ公式LINEはこちら↓

友だち追加
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員と個人事業主、その2本柱で収入を得ている27歳。実践的なノウハウやマインドセットのシェアだけでなく、"今くすぶっている人達"の力になる為の発信とFX自動売買ツールの無料配布中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる