詐欺!?ハイローオーストラリアの偽サイトに注意しましょう!

 

【ご案内】

 

自動売買のモニター募集とは別に

「バイナリーオプション~ライントレード入門書~」

をLINE登録特典として無料配布中です。

 

実際に僕がエントリーする際に利用している根拠を7個、

画像を差し込みながら説明しています。

 

文字数も3000文字を超え、自分でいうのもアレですが、

正直無料の域を余裕で超えた無料レポートになっています。

 

僕の公式LINE追加後に自動的に送付されますので、

もし興味があれば受け取ってみて下さい。

 

※LINE登録に関しては当記事の終盤でご案内しております。

 

 


 

 

こんにちは、ぴろです。

 

 

バイナリーオプションを始める際、

様々な業者の中から一番信頼できるところを選ぶと思います。

 

 

 

これがGMOやYJFX!のような国内業者であれば

特に心配は要らないのですが、

 

買ったら投資金額の約2倍、負けたら全額没収の

いわゆるハイロー型をする場合は

 

安心安全の国内業者は除外され、

不安の残る海外業者から選ばざるを得ません。

 

 

 

また、海外バイナリーオプション業者に関しては、

悪質な詐欺業者の存在が多数確認されていますし、

 

現在進行形で運営している悪質業者もありますので

口座開設をするだけでも細心の注意が必要になってきます。

 

 

 

※悪質業者を取り上げた記事はこちら↓

 

 

 

 

 

そんな中でも海外業者でバイナリーオプションをするなら

まずはここを使うべきと言われる超大手が存在します。

 

 

それがハイローオーストラリア(現ハイロー)になります。

 

 

 

バイナリーオプション=ハイローオーストラリア

と言っても過言ではないくらい知名度が高く、

 

実際の利用者も他の海外業者業者とは

比べ物にならないほど多く、

運用実績も追随を許さない状態です。

 

 

ちなみに僕もハイローオーストラリアを利用しています。

 

 

それほど有名なので色々とトラブルも報告されており、

その一つに今回ご紹介するハイローオーストラリアの

偽サイトの存在があります。

 

 

ハイローオーストラリアの偽サイトとは?

 

そもそも皆さんはハイローオーストラリアに

偽サイトがある事を知っていますか?

 

 

僕も最近まで存在を認知していなかったのですが、

グーグル検索で「ハイローオーストラリア」と検索すると、

意外と簡単に遭遇する事ができます。

 

 

 

 

ちなみにグーグル検索すると、

広告を打って上位に表示させているサイトがいくつか出てきます。

 

 

 

↑の画像の赤で囲った箇所を見て下さい。

 

 

これら全てハイローオーストラリアの偽サイトになります。

 

 

 

なぜ偽サイトと判断できるかと言うと、

ページのURLを見て頂きたいのですが・・・

 

 

何かおかしくないですか?(笑)

 

 

 

と言うのも、正確なハイローのURLは↓になります。

https://trade.highlow.com/

 

見比べると一目瞭然ですね。

 

 

 

このように本物に比べるとURLが適当だったり、

それっぽくしてるだけで、

 

実際には全く違うサイトである事が

お分かり頂けると思います。

 

 

 

ちなみに偽サイトのデザインはこんな感じ↓

 

 

 

 

 

実際にハイローオーストラリアの画像を差し込んだり、

LP自体はしっかりと作りこまれているのが分かります。

 

 

 

他にもスマホアプリでも同様の

口座開設を促す仕様のアプリが確認されています。

 

 

 

では、実際に偽サイトに登録すると

どうなるのかをご説明させて頂きます。

 

 

偽サイトに登録するとどうなる?

 

 

これまで偽サイト、偽サイトと呼んできましたが、

正確に言うとそうではなく、

 

ハイローオーストラリアの

アフィリエイトサイト

 

になっています。

 

 

 

とある偽サイトの特定商取引法の表示に関するページを見ると、

下アフィリエイトプログラムであると明記されています。

 

 

 

すなわち、この偽サイトを通じて

ハイローの口座開設をしてもらい、

 

サイト運営者が報酬を得るような

仕組みになっているようで、

 

登録しただけでは特に

危険な事にはならないそうです。

 

 

 

ただし、悪質な偽サイトでは顧客の個人情報はもちろん、

ハイローのログインパスまで取得するように

フォームを用意していたりするので、

 

不要なトラブルを避ける為、

極力、偽サイトには近付かない事をオススメします。

 

 

わざわざ偽サイトを作る理由とは?

 

 

最後に、なぜ広告を打ってまで偽サイトを用意し、

口座開設をしてもらうように促しているかというと、

 

ハイローオーストラリアのアフィリエイト報酬が

最大1件4万円という高額案件だからです。

 

 

 

もちろんこの高額報酬が確定するまでには

色々と条件はあるみたいですが、

 

それでも一人口座開設してくれるだけで

4万円の報酬が入ってくるなら、

しっかりLPを作り込むのも分かるなぁと…(笑)

 

 

 

ちなみに聞いた話によると、

ハイローをアフィリエイトする権利を

得る為の審査は年々厳しくなっており、

 

その影響で新規参入者がどんどん減っているらしく、

古参アフィリエイターはより稼ぎやすくなっているみたいです。

 

 

そういった背景もあり、広告をバンバン打って

露出を増やしているのかなと予想しています。

 

 

最後に。

 

いかがだったでしょうか。

 

 

 

僕はハイローオーストラリアの偽サイトがあると知った時、

 

ハイローオーストラリアもどきに登録させられて、

入金分、利益分が一切出金できない系の詐欺か!?

 

と思っていましたが、

 

実際はアフィリエイト広告を踏まされて

正規のハイローオーストラリアに

登録する流れになっているだけのようです。

 

 

 

とはいえ、ハイローっぽいサイトを作り、

騙すような形でアフィリエイトしている事には

間違いありませんので、

 

記事内でもお伝えしたように、

極力、偽サイトには近付かないようにしましょう。

 

 

また、新規で口座開設する際は、

必ずURL等を注意して手続きを進めるようにして下さいね。

 

 

 

それでは今回はこれで終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

有料級特典付き公式LINEのご案内

 

現在、僕の公式LINEアカウント友達特典として、

 

・ネットビジネス初心者に送る、資金0円から稼ぐ方法

・バイナリーオプション~ライントレード入門書~

・本当に稼げるFX自動売買システム

 

この3点を完全無料で配布中です。

 

本当に無料で配布しているので

サクッと手に取って頂ければと思いますが、

どんな内容なのか確認してから

 

友達追加したい人もいるはずですので

それぞれを簡単に説明させて頂きます。

 

 

①ネットビジネス初心者に送る、資金0円から稼ぐ方法

 

こちらの登録特典は

 

・ネットビジネスに参入したいけど何から始めたらいいか分からない…

・資金がなくても稼げる方法を知りたい…

 

という人に向けたロードマップ的な資料になっています。

 

画像+4,000文字を超えるボリュームで

あれやこれやと説明していますので、

読んだ時の満足度も高いと思います。

 

 

②バイナリーオプション ~ライントレード入門書~

 

次の特典では、実際に僕がバイナリーオプションの

トレードで使っている根拠をガッツリ説明しています。

 

内容としては

 

・トレードをする際のマインドセット

・ライントレードで使える根拠7点

・エントリー回避ポイント

 

これらを画像を差し込みながら

 

3000文字オーバーの文章で説明していますので

無料PDFとは言え非常に内容の濃い資料になっています。

 

僕もこれまで数多くの無料レポートを手に取ってきましたが、

どれも無料レポートの域を出ないものばかりでした。

 

正直、集客目的なら"その程度"でもいいのかもしれませんが、

せっかく手に取ってもらえるなら参考になる情報をお渡ししたいですし、

僕の本気度が伝われば一人でも多くの人に嬉しいなぁと思い、作りこみました。

 

バイナリーオプションを今から始める人には

少し難易度が高い内容にはなっていますが、

 

優位性のある手法なのは間違いないので

ぜひ学んで利益を出して頂ければと思います。

 

 

③本当に稼げるFX自動売買システム

 

3つ目はFX自動売買システムの無料提供です。

 

この特典に関しては下記の記事で詳細に説明しておりますので、

興味がある人はぜひこちらをご確認下さい。

 

それでは皆さんからのご連絡お待ちしております。

 

LINE ID検索→@968ivlny

http://nav.cx/g7JXSNJ (←クリックでQRコードが表示されます。)

 

 

おすすめの記事