10万円の給付金、みんなはどう使う?有意義な使い方とは?

 

こんにちは、ぴろです。

 

 

相変わらずコロナが猛威を振るっていますが、

皆さんは体調お変わりなく過ごしていますでしょうか。

 

 

僕は幸い普段通りの生活を送る事ができており、

収入に関しても下がる事はなく、今のところは平穏に過ごせています。

 

 

ただし、コロナの影響をもろに受け、

売上が激減している企業、個人も多い状況なので

国から特別な融資や助成金の給付が発表されています。

 

 

そのほとんどが受け取る為に一定の基準を満たす必要があり、

普段通り生活を送っている人だとあまり関係なかったりしますが、

 

つい先日、国民一人につき10万円の現金給付をすると、

安倍総理大臣から発表されました。

 

 

 

この前までは条件付き30万円の給付案が出ていましたが、

与野党、世間からの反感が強く、安倍首相が押し切られるような形で

今回の一律10万円の支給に踏み切ったと報道されています。

 

 

 

おそらく無条件で支給される形になるはずですので、

現状の生活が苦しい人も10万円でひと踏ん張りできたり、

 

そこまで困窮していない場合なら経済を回す為に、

使おうとする人も多いでしょう。

 

 

 

そんな有り難い給付金ですが、ネットを見ていると、

その使い方をどうするか悩んでいる人もいるみたいですので、

 

今回の記事では給付金の使い方について、

僕なりの考えをまとめようかなと思います。

 

 

あくまで個人的な考えなので

こういう人もいるんだなー程度に

捉えて頂ければと思います。

 

 

給付金の使い方は自由!だからこそ意味を持たせよう。

 

さて、本題となる給付金ですが、

使い方は基本的に自由とされています。

 

 

生活費に充てるのもよし、趣味に使うのもよし、

ギャンブルや投資に突っ込んでも国から咎められる事はありません。

 

 

ですが、せっかくポンと貰える10万円ですので、

なんとなく使い切るのは勿体ないと考えています。

 

 

もちろん生活が苦しい方は生活費に充てざるを得ないと思いますが、

そうじゃない場合は目的を持って使うようにするべきです。

 

 

 

別にスマホを買い替えたいならそれでも良いですし、

ニンテンドースイッチが欲しいなら購入しても良いのですが、

 

なぜ購入するのか、購入した先の未来はどうなっているのかを、

ポジティブに捉えられるような使い方が望ましいのかなと。

 

 

 

これがなんとなーく散財して、

気付けば10万円無くなっていた…

みたいな事になってしまうと、

 

単純に勿体ないですし、これから先も同じように

ぼんやりとお金を使ってしまう事に繋がりかねません。

 

 

 

個人的には全部ではなくても一部は自己研鑽に使ったり、

資格やビジネスを学ぶ費用に充てると、

 

今すぐ目に見える効果が出なくても

1年後、2年後に大きなリターンとなって

返ってくるはずですので、オススメです。

 

 

 

さて、世界中がコロナでピリピリしていますが、

今自分が出来る事を冷静に判断し、

しっかりと乗り越えていきましょう。

 

 

僕も体調管理を徹底して

ガンガン仕事していきますね。

 

 

それでは!