悪質業者とサイト構成が同じ!?binary option breakを徹底レビュー!

 

【ご案内】

自動売買のモニター募集とは別に

「バイナリーオプション~ライントレード入門書~」

をLINE登録特典として無料配布中です。

 

実際に僕がエントリーする際に利用している根拠を7個、

画像を差し込みながら説明しています。

 

文字数も3000文字を超え、自分でいうのもアレですが、

正直無料の域を余裕で超えた無料レポートになっています。

 

LINE登録後に「入門書希望」とひとこと声を掛けてもらえたら、

確認後にPDFファイルをお送り致します。

 

かしこまった挨拶とかは一切不要なので

気軽にご連絡下さいね(^^)

※LINE登録に関しては当記事の終盤でご案内しております。

 

 


 

 

こんにちは、ぴろです。

 

今回も疑惑のバイナリーオプション業者を紹介します。

 

 

怪しいバイナリーオプションの海外業者って

出ては消え、出ては消えを繰り返すので

 

警告したところでいたちごっこになってしまいますが、

気になっている人も多いと思いますのでご紹介します。

 

 

 

今回取りあげる業者はbinary option breakという名前で運営されていますが、

どうも悪名高い某業者とサイト構成がそっくりなんですよね。

 

 

おそらく運営母体が同じかと思われますので、

その辺りもしっかり見ていきたいと思います。

 

 

binary option breakとは?

 

 

HP→https://bobreak.com/?lang=ja

 

特定商取引の表記

サイト名: bobreak.com
会社名: binary option break
binary option break Management Office
住所: Suite 106、Premier Building、Victoria、Mahe、Seychelles
コンタクト: support@bobreak.com
決済方法 銀行振込 クレジットカード 1回の決済上限は$5000です。

 

binary option breakは海外業者にしては珍しく、

ホームページから会社概要を確認する事ができます。

 

 

ただ、当たり前ですが会社概要が記載されているから

信頼が出来るというわけではありませんのでもう少し詳しく調べてみます。

 

 

binary option breakの住所を検索すると・・・

 

ホームページに記載されている会社の住所を検索すると

関東財務局が危険な業者を警告しているページに辿り着きました。

 

 

それがこちらです↓

http://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp032000297.html

 

 

ちなみにbinary option breakの住所はこちらです↓

 

 

関東財務局のページに表示されているのと全く一緒ですね…

 

 

関東財務局のページに記載されている運営会社は

Neo Marketing and Holdings Ltdとなっており、

binary option breakの運営会社と異なりますが、

 

どちらもバイナリーオプション業者を運営していますし、

同企業、もしくはグループ会社である事は間違いないでしょう。

 

 

他の海外業者とサイト構成が同じである。

 

次にbinary option breakのサイト構成についても触れておきましょう。

 

 

まずbinary option breakのサイトを見て下さい↓

 

 

そして以前このブログでも取り上げたfxbinaryのサイトがこちら↓

 

 

 

サイトのカラーやデザインに若干の違いはございますが、

ほぼ同じと言っても過言ではありません。

 

 

さらにシェアトレードという独自の取引方法

binary option breakとfxbinaryどちらも取り扱っています。

 

 

 

ちなみにfxbinaryという業者は

出金拒否の口コミが多数見られる悪質業者ですので、

そこと同じ運営となると不信感が募ります(^^;

 

 

もちろん同一企業が運営しているという確証はなく、

あくまで予想の範疇を超えませんが

少しでも懸念材料があると利用しようとは思えないですね。

 

 

binary option breakの仕様を紹介

 

せっかくなのでbinary option breakの仕様もご紹介します。

 

 

口座登録:無料

取引手数料:無料

最低ペイアウト倍:1.7倍

最高ペイアウト倍率:2倍

最低取引額:500円

最高取引額:50,000円

最低入金額:20,000円

入金ボーナス:あり

出金手数料:20万円以下の場合35$の手数料が発生。20万円以上だと無料

金融庁の認可:なし

 

 

バイナリーオプション業者の仕様としては

そこまで違和感を感じるものはないです。

 

 

強いて言うなら最低入金額と出金手数料がネックですかね。

 

 

ただ、こうやって調べると改めて実感しますが、

こういう有象無象の業者を利用するくらいなら

大人しくハイローオーストラリアを使えばいいかなと(笑)

 

 

海外業者について調べれば調べるほど、

ハイローオーストラリアの安定感って凄いなぁと思いますよ。

 

 

もちろん国内の証券会社に比べると明らかに信用度は落ちますが、

海外業者であればハイローオーストラリア一択ですね。

 

 

binary option breakは出金できない?

 

 

怪しい海外業者に常に付きまとう出金拒否問題ですが、

パッと調べた限りではbinary option breakで

出金拒否されたという口コミは見られませんでした。

 

 

もちろん表に出てきてないだけで

現在進行形でbinary option breakと戦っている人は

いるかもしれませんし、

 

会社住所が関東財務局に警告されている業者と同じ、

そして悪質業者とサイト構成がほぼ同一である事を考慮すると

利用するのは控えた方が良いのかな、というのが僕の見解です。

 

 

最後に。

 

いかがだったでしょうか?

 

今回ご紹介したbinary option breakは被害報告は少ないものの、

色々な面を考慮すると利用しない方が無難だという判断になりました。

 

 

このブログではbinary option break以外にも

きな臭い海外業者を何件か紹介していますが

 

その度に

わざわざ怪しいところを使わずに大手を利用するべき

という判断になっています。

 

 

海外業者は全て怪しい!論外だ!と言われたらそれまでですが、

現状、ハイローオーストラリアやザオプションといった、

海外業者の中では信頼できるブローカーが何件かはありますので

そちらを利用する事をオススメします。

 

 

恥ずかしながら僕もボーナスやキャンペーン狙いで

以前visionary tradersという業者を利用しようとしましたが

あまりにも怪しすぎて口座開設だけして利用しませんでした(笑)

 

 

怪しい業者って調べれば調べるほど危険なニオイがしてくるので、

マイナーな海外業者の利用を考えている人は

ぜひ一度、しっかりと下調べをしてほしいと思います。

 

 

興味のある業者を見つけてもすぐに入金する事だけは絶対に避けて下さいね!

 

 

もちろん僕でよければ相談になりますので

何かあれば気軽に公式LINEに連絡をして頂ければと思います。

 

 

 

それと過去に紹介したバイナリーオプションの海外業者のリンクも貼っておきます。

一通り目を通せばどういった業者が怪しいか判断が付くようになるはずです。

 

 

 

それでは今回は終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

自動売買システム無料モニター募集のお知らせ

 

現在、僕のブログ読者様限定で1年間で月利40%以上を何度も達成した、

超優良自動売買システム(EA)の無料モニターを募集しています。

 

 

詳細はこちらの記事で紹介しておりますので、

興味がありましたら下記LINEからご連絡下さい

 

 

 

 

LINE ID検索→@968ivlny

http://nav.cx/g7JXSNJ (←クリックでQRコードが表示されます。)