預けた瞬間に利益!?SDCプロジェクトは本当に稼げる?佐野義仁

 

【ご案内】

 

現在、僕のブログ読者様限定で1年間で月利40%以上を何度も達成した、

超優良自動売買システム(EA)の無料モニターを募集しています。

 

自動売買なのでほぼほったらかしで毎月10万円前後稼げます。

 

と、かなり胡散臭い感じですが、

事実なのでどうしようもないです(笑)

 

もちろん投資なのでリスクはありますが、

それ以上にリターンが大きいのでぜひこの機会にご検討下さい。

 

お問い合わせだけでも大丈夫ですので

何か気になる事があれば遠慮なくご連絡下さい。

 

詳細はこちらの記事で紹介しておりますので、

興味がありましたら下記LINEからご連絡下さい。

 

 

LINE ID検索→@968ivlny

http://nav.cx/g7JXSNJ (←クリックでQRコードが表示されます。)

 

 


 

 

こんにちは、ぴろです。

 

 

今回の記事はタイトルにもある通り、

SDC Project(プロジェクト)について

しっかりとレビューしたいと思います。

 

 

ほったらかしで稼げる系の案件ですが、

自動売買や配当ウォレットでもないようですので、

いったいどんな稼ぎ方になるのか気になりますね。

 

 

それでは見ていきましょう。

 

 

SDC Project(プロジェクト)とは?

 

 

事実!預けた瞬間に10%の利益!

 

ほったらかしで倍々に資産が膨らむ

雪だるま式投資法!

 

スマホで完結!あなたがやるのは

たったの2STEP

 

 

特定商取法に基づく表示
提供業者 Anakut Investment.
代表責任者名 佐野義仁
所在地 # 21, Street 271, Sankat Teuk Tla, Khan Toul Kork, Phnom Penh, Cambodia.
お問い合わせ先 ページ内でご案内しているLINEよりお問い合わせください。

 

 

今回のSDC Project(プロジェクト)は、

先ほどもお伝えしたように「ほったらかしで稼げる」系の

よくありがちな案件となっていますが、

 

・配当ウォレット

・自動売買

・バイナリーオプショ

 

上記の稼ぎ方ではないと説明されています。

 

 

また、

 

・パソコン

・アプリ

・知識

・経験

・スキル

・人脈

 

これらも不要との事なので、もし本当なら、

誰でも稼げる事は間違いないでしょう。

 

 

ただし、この手の無料オファーでランディングページと

全く同じ結果になったという話はほとんど聞かないので、

 

今回のSDC Project(プロジェクト)のキャッチコピーも

話半分で聞くようにした方が良いと思います。

 

 

もちろん本当にその通りに稼げる可能性もありますが、

俯瞰的に客観的に物事を捉える意識を持っておくだけで、

最終的な判断をする際に失敗する確率がグッと減るはずです。

 

 

と、少し話が逸れてしまいましたが、

引き続きランディングページを見ていきますと、

 

SDCプロジェクトで資産を預けた人は

2000人以上が在籍するSDCクラブという

投資家コミュニティに無料で参加できるそうです。

 

 

ちなみにこのSDCクラブでは、

セミナーや情報のシェアがが行われているとの事です。

 

 

ランディングページ上の情報だけでの判断になりますが、

SDCクラブの充実度は非常に高く、なぜ無料で運営できるのか不思議でしたが、

下記の理由で無料運営ができているそうです。

 

 

SDCクラブ参加者の資産をまとめて投資会社で運用

毎月10~20%で資産価値が増えている投資商品に変換

※実物資産に担保された安心投資

2倍になった時点で投資資金を返還

※次の投資へ回す事も可能

 

 

 

おそらくこの一連の流れの中で、

佐野義仁氏を含めたSDCクラブ側が一部中抜きをして、

クラブの運営費や報酬に当てているのでしょう。

 

 

実際にどれくらい運営側が抜いているかは分かりませんし、

えげつない中抜きをしている可能性もありますが、

 

最終的に参加者の資産が2倍になって返ってくるなら

運営形態としてはwin-winだと個人的には思います。

 

 

また、SDC Project(プロジェクト)で発生した収益の一部は

カンボジアでの慈善活動に使われているとも説明がありました。

 

 

SDC Project(プロジェクト)以外でも

慈善活動アピールする案件はちょくちょく見かけますし、

 

パッと見では「素晴らしい人だ!」と

感じる人も多いと思いますが、

 

中には悪行を打ち消すような意味で、

慈善活動をしている人達もいるので、

変に勘ぐってしまいます(^^;)

 

 

まぁどんな場合でも慈善活動が

素晴らしい事には変わりありませんけどね。

 

 

さて、またまた話が逸れしまいましたので話を戻すと、

これらの情報を踏まえてSDC Project(プロジェクト)に関しての

個人的な見解を述べるなら、

 

詐欺ではないが懸念材料も多い。

 

といった感じでしょうか。

 

 

SDC プロジェクトの核となるSDCクラブの運営方法や

その内容は分かりましたが、肝心の最低投資金額と、

 

2倍になって一度返金される期間が不明瞭な点、

どういったロジックで資金を増やしていくのか等、

気になる箇所も結構多いのかなと。

 

 

ただし、明確に詐欺というわけではなさそうなので、

引き続き情報を追っていこうと思います。

 

 

佐野義仁氏(マイキー佐野)の正体とは?

 

次にSDC Projectの中心人物である、

佐野義仁氏についても触れておこうと思います。

 

僕は今回のオファーで彼を初めて知ったのですが、

過去にもFX自動売買系のローンチを行ったり、

 

全国でセミナーをして回っているなど、

精力的に活動されているみたいですね。

 

 

また、彼のブログを見る限りでは、

10年以上前から活動しているそうで、

 

プロダクトローンチにありがちな偽名、

かつ経歴詐称バリバリのヤバい人物ではないようです。

 

 

それと、嘘か本当か分かりませんが、

佐野義仁氏のプロフィール欄に、

下記の天才エピソードが記載されていました。

 

 

◆天才?エピソードの数々

①幼稚園のときに世界の国ごとの国旗、人口、首都、地形は180ヵ国暗記。
②小学生の時 45分と言う僅な授業時間の中で円周率800桁を覚えてしまう。
③英語は映画だけで耳で覚え、習得。
④スペイン語は3週間で日常会話をマスター。
⑤中学生のときに先生から「破壊王」と「知能犯」と呼ばれる。
⑥日本の高校に少し通ったときに学校の遅刻記録を更新。(2年後に別の生徒に記録を更新される。更新したのは実の弟さん。)
⑦遊びとひま潰しで受けたSATとTOEFLでハーバードに合格。
⑧IQ150以上のテスト(数字関係)を3回連続合格点をクリア。
⑨アメリカの高校時代、「恋人にしたい男子」と「ムカつく男子」のランキングで、両部門トップ5入り。
⑩学生時代アメリカのディベート大会で少数派を選ぶも向かうところ敵なし。
無敗記録を誇る。

 

 

ほんまかいな!(笑)と思う部分もありますが、

自己紹介としては非常にキャッチーで面白いですよね(笑)

 

 

そんな天才(?)の佐野義仁氏が仕掛けるSDC Projectですので、

ちゃんと稼げる案件であれば僕としても嬉しいのですが、

現時点ではなんとも言えない状態です。

 

 

僕を含め皆さんもしっかりと情報を見極め、

最終的な判断をするように心がけましょう。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか。

 

 

SDC Projectは自分の投資資金を預けて、

それが2倍になるのを待つだけというシンプルな内容ですが、

 

本当に2倍になって返ってくるのか、

そしてどのタイミングで2倍になるのかが

キモになってくると思います。

 

 

個人的に現時点ではそこまで怪しさを

感じない案件だと認識していますが、

懸念材料がある事は確かです。

 

 

蓋を開けたらヤバい案件だった…

という可能性も十分ありますので、

 

興味を持っている人は

しっかりと注意する点は注意して、

最終的な判断をするようお願いします。

 

 

それでは今回の記事はこれで終わります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

バイナリーオプションに興味がある人へ

 

自動売買のモニター募集とは別に

「バイナリーオプション~ライントレード入門書~」

をLINE登録特典として無料配布中です。

 

実際に僕がエントリーする際に利用している根拠を7個、

画像を差し込みながら説明しています。

 

文字数も3000文字を超え、自分でいうのもアレですが、

正直無料の域を余裕で超えた無料レポートになっています。

 

LINE登録後に「入門書希望」とひとこと声を掛けてもらえたら、

確認後にPDFファイルをお送り致します。

 

かしこまった挨拶とかは一切不要なので

気軽にご連絡下さいね(^^)

 

LINE ID検索→@968ivlny

http://nav.cx/g7JXSNJ (←クリックでQRコードが表示されます。)