無在庫転売?飽和しない?プレミア商品ジャックシステムを検証します。飯田悠己

 

こんにちは、ぴろです。

 

 

ネットビジネスに数年携わっている事もあって、

捨てアドで様々な情報発信者のメルマガに登録しているのですが、

気になるオファーを見かけましたのでレビューしていきます。

 

 

そのオファーというのが飯田悠己氏のプレミア商品ジャックシステムになります。

 

 

おそらく今回のプレミア商品ジャックシステムは

色々な場所で宣伝されていると思われますが、

 

僕はネットビジネス界の重鎮である小玉歩氏のメルマガに

号外広告として宣伝されていたものを見ました。

 

 

さて、話が大きく逸れる前に本題に入っていきましょう。(笑)

 

 

今回のプレミア商品ジャックシステムのLPを見てすぐ分かるように、

物販系のオファー、それもプレミア価格の付いている商品を仕入れ、

利ざやを抜いていく手法のようです。

 

 

プレミア価格商品を見つけて転売するノウハウは昔から存在しますが、

リサーチ時の目利きが重要視されますので、どうしても敷居が高くなりがちです。

 

また、ツールを使うにも同業者が増える事で市場に商品が無くなり結局仕入れが出来なくなる、

もしくは同じ商品を仕入れて販売するセラーが増える事で、販売時に値下げ戦争が始まってしまう…

といった具合に様々な懸念点が生じます。

 

 

プレミア商品ジャックシステムはその辺りをどう改善しているのかも

要チェックで見ていきたいと思います。

 

 

プレミア商品ジャックシステムをレビュー

 

 

「実践者の平均月収30万円越え!」

多売薄利はもう平成で終わり!

令和の稼ぎ方は「暴利多売」

元エリートシステムエンジニアが

作り出した驚異のシステム

 

LP→https://godaff.com/preja/lp01/index.html

LP→https://godaff.com/preja/lp03/index.html

 

特定商取引法の記載:なし

 

 

今回のプレミア商品ジャックシステムは冒頭でもお伝えしたように、

価格が高騰しているプレミア商品を見つけ、仕入れ・販売を行うノウハウです。

 

 

ヤフオクやメルカリといった個人間売買が行われるプラットフォームでは、

価格が暴騰している商品を安く買える時があり、

それを仕入れる事で1商品で大きな利益を取る事が可能です。

 

 

実際に僕も物販ビジネスをやっている人間ですので、

そういった商品を仕入れた経験は何度もありますし、

実際に稼げる事は間違いありません。

 

 

ただ、市場価格よりもかなり安く出品された商品を狙っているライバルは多く、

驚くほど早く購入されますので(出品後数秒でソールドすることは珍しくないです。)

安定した仕入れは「ほぼ不可能」と言っても過言ではありません。

 

 

それほどプレミア商品を仕入れる事は難しいのですが、

LPでは「絶対稼がせる」と豪語してますね(笑)

 

 

それと、少し話は変わりますが、

過去に298,000円で販売していた3種の全自動ツールは、

無料セミナーに参加しないと受け取れないそうです。

 

 

ツール目的に無料セミナーに参加しても良いとは思いますが、

確実にバックエンドで高額商品のセールスがありますので、

そこは覚悟して参加するようにお願いします。

 

 

と、話を戻して、プレミア商品ジャックシステムについてですが、

現時点ではその詳細な仕組みやノウハウは明かされていません。

 

 

メールアドレス登録後の第一話でも

15分の動画が張り付けてあるだけのシンプルなものでしたが

 

その動画内でプレミア商品ジャックシステムは

無在庫転売であると発言されていました。

 

 

正直、プレミア商品を無在庫転売ってどうやるの?って驚きましたね…(笑)

 

 

先ほどもお伝えしたように利益ベースで数万円稼げる商品は

出品された瞬間に売れる事がほとんどなので、

無在庫で出品する暇もないんですよね。

 

 

もし仮に無在庫で出品できたとしても

そもそも玉数が少ない商品をツールで抽出してるので

飽和する可能性が非常に高いように思います。

 

 

そうなると簡単に稼げるわけはありませんし、

どちらかというと参加者が増える事で稼ぎにくくなるはずです。

 

 

ぶっちゃけLPと第一話を見た限りでは

プレミア商品ジャックシステムに参加しても

稼げるビジョンが微塵も見えませんでした。

 

 

 

僕の知り合いにもツールを使って無在庫転売で

月に100~200万円稼いでいる人がいますが、

 

その人は米国Amazonと国内Amazon(co.jp)で価格差が生じる商品を抽出し、

無在庫で出品、売れたら輸入する手法を用いています。

 

 

その人曰く、Amazon以外にもプラットフォーム毎に

価格差が生じる商品はたくさんあるようですが、

 

国内で仕入れ・販売をするのではどうしても頭打ちになりやすいそうで、

大きく稼ぎたい人ほど国内外の価格差を見つける手法に移る傾向があるとの事です。

 

 

ちなみにそのツールを個人的に販売してほしいと頼みましたが、

無在庫でやる以上、アカウント保全や在庫管理(輸入時の関税対応等も)、

顧客対応がめちゃくちゃ大変みたいであまりオススメされませんでした(笑)

 

それと、当たり前ですがツールで商品情報を全てぶっこ抜く手法なので

他人にツールが渡ると確実に飽和に近づくとも話していました。

 

 

もちろんこの話は僕の知人の場合ですし、

彼が扱っているのはプレミア商品ではないので、

 

今回のプレミア商品ジャックシステムは違うかもしれませんが、

ツールを使う無在庫転売にはそれ相応のリスクがある事は知っておいてください。

 

 

LPでは美味しい事ばかり謳っているプレミア商品ジャックシステムですが、

その詳細はまだ分かっていませんので今後も情報を追っていきたいと思います。

 

 

今回はこれで終わります。

 

それでは。