怪しい?渡秀明氏のSTARTUP SYSTEM(スタートアップシステム)をレビュー

 

こんにちは、ぴろです。

 

今日はタイトルにもあるように

渡秀明氏のSTARTUP SYSTEM(スタートアップシステム)のレビューをしていきます。

 

 

渡秀明氏と言えば過去に30万円近い高額塾や

数万円の情報商材を販売していた過去がある人物です。

 

そのコンテンツのいずれもFX関連ですので、

今回のSTARTUP SYSTEM(スタートアップシステム)も

FXないしは投資関係のオファーである事が濃厚です。

 

 

過去の実績を見る限りでは、

渡秀明氏自身は極悪なオファーを仕掛けてきたわけではないようですが、

果たして今回はどうでしょうか。

 

それではSTARTUP SYSTEM(スタートアップシステム)の中身を見ていきます。

 

 

STARTUP SYSTEM(スタートアップシステム)をレビュー

 

「STARTUP SYSTEM」の起動だけで

毎日25,000円GETのチャンスに当選しました!

 

今回限り先着1000名様限定で

SYSTEMを無料で差し上げます!

 

販売業者 株式会社アイプロダクション
販売責任者 渡秀明
所在地 東京都港区港南4-6-7
メールアドレス http://aiproduction.biz/s
※お問い合わせは上記フォームにてお願いいたします。
URL https://startuppjt.com/wlp/1pyu/

 

LP→http://startuppjt.com/wlp/1pyu/

 

 

このSTARTUP SYSTEM(スタートアップシステム)を手にすれば

なんと毎日25,000円を手にするチャンスが得られるそうですが、

システムの詳細等の具体的な話はLP上では出てきません。

 

また、この手のオファーでは「"確実に"毎日25,000円が手に入ります!」というような

表現ばかりですが、今回は"そのチャンスが得られる"という事で

少し控えめなキャッチコピーになっていますね。

 

 

おそらく渡秀明氏の得意分野である投資関係のオファーなので

絶対という表現が出来なかったのではないかなと予想できます。

 

 

また、毎日25,000円を稼ぐチャンスを得るには

 

・LINE@に登録

・STARTUP SYSTEMを受け取る

 

これだけで良いそうですが、

さすがに説明不足すぎて何がなにやら…(笑)

 

 

さすがにこのままでは記事が全く書けないので

メールアドレスとLINE@に登録してみました。

 

 

すると、第一話が公開され、

THE START PROJECT という名前のオファーが発表されました。

LP→http://startuppjt.com/mov/1wadhe/

 

 

第一話という事もあり、具体的な話な一切ありませんでしたが、

STARTUP SYSTEMを使えば毎月50万円の収入を目指せることは明記されています。

 

 

ただ、この毎月50万円という数字は資金に対して月利何%なのか、

それとも原資0円スタートで毎月50万円を稼げるのかも

説明されておらず詳細は分かりません。

 

 

これはあくまで僕の予想ですがLPを読む限りでは

今回のSTARTUP SYSTEMはFX自動売買ツールの

配布になると考えています。

 

 

というのもFXの裁量取引は本当に難易度が高く、

まともに稼げるようになるまで時間も労力も掛かりますし、

 

もし仮に少しプラスを出せるようになっても、

月単位、年単位で利益を重ねていくのは難しいです。

 

 

そのような難しいノウハウを学ばせるより、

「自動売買でほったらかしで稼ぐ!」という方が

初心者の人にも分かりやすいですからね。

 

 

それに渡秀明氏自身、過去に約30万円程の

FX自動売買ツールを販売していた過去もありますので、

今回のSTARTUP SYSTEMもその類と予想できます。

 

 

もちろん、まだSTARTUP SYSTEMの詳細は明らかにされておらず、

蓋を開けてみたら全然違うノウハウだった…!という事もあり得ますが、

 

渡秀明氏が転売やアフィリエイトのオファーを出すとは考えにくいので

FX関連のものだと思っていて良いと思います。

 

 

 

今回のSTARTUP SYSTEMは無料で出来るという点を強調していましたが、

確実に何かしらのバックエンドは存在すると思われますので、

興味がある方はその辺りも注意してくださいね。

 

 

これだけ広告費を掛けて何も商品を売らないなんてあり得ないですから(^^;

 

 

さて、最後は駆け足になってしまいましたが今回はこれで終わります。

 

それでは。